高齢ワーママ育児がんばる日記〜都会のまんなかより〜

息子3歳。某ブログから引っ越してきました。

4人の子供を東大に入れた方の育児本を読んで

佐藤亮子さんの「3男1女東大理Ⅲの母 私は6歳までに子どもをこう育てました」という本を読みました。 

基本的にゆるい子育て推奨、まいっかの精神で子育てを楽しもうということを一貫して発言されているんですが、そのまいっかのボーダーラインが高くて、いやぁそうだよね、4人とも東大入れる人はやっぱ平均ラインがふつうじゃないな、、、とひしひしと感じましたよという庶民の率直な感想が第一声でした。

例えばね、離乳食。レシピ本の星型ニンジンなんてあり得ないわ〜栄養さえ摂れればいいのよ〜☆と言いつつ、鹿児島からかつおぶしの塊をお取り寄せし、かつおを削るところからだしをとっての味噌汁作り・・・など。ちーん。。という擬音のつけどころ満載ですが、いや、でも読んで良かったです。全部通して3回も読んでしまいましたね。

 

子供と自分が笑顔で過ごすこと。

肩の力を抜き、子育てを120パーセント楽しむ。

振り返った時に後悔しない。

子供を目一杯大事にして、気持ちよく巣立たせる。

 

とても心に響く言葉をたくさんもらいました。

中でも、「不自由なのは子育ての醍醐味」は特にずっしり響きました。子育て中のこの不自由さ。これって子供がいなかったら経験できないことを経験しているんだ、子供を産んだ喜びそのものだ。私の場合、欲しくて欲しくて治療までして授かったからこそ余計にだよね。子供がいるからこそ味わえる不自由さ。いつも忘れてしまいがちだけど、忘れちゃいけない大事なことだとあらためて思い出させてもらいました。

 

「子供が生まれるまでの生活を引きずって、子供が大きくなったらあれをしようと未来に期待し、嵐がすぎるのを待つ。目の前に可愛い我が子がいるのに、こんな姿勢では勿体無い。」

 

もうね、これです。これに尽きます。この文を読めただけで良かったです。

子育て中の心の持ち方のほかにも、実践すべきアドバイスも書かれていて、参考になりました。 

 

幼児教育はとりあえず始めてみる。

多少なりとも興味があるのであれば一歩を踏み出してみる。もし一つがダメでも、いいとこ取りすればいい。合わなかったらやめればいい。やるかやらないかの2択ではなく、とりあえずやってみるの選択肢もある。

 

と、ここで我が家の公文式の話になるんですが、なんとなくの気になるからといって3歳で始めてみたくもん。やらせて良かったなと、佐藤さんの本を読んで後押しされました。合わなかったらやめればいいものね。

ちなみに佐藤さんの長男君は1歳4ヶ月から公文を初めて、3歳までにひらがなと一桁の足し算、6歳までに小4レベルまでいくというゆるっとした目標を立てていたそうです。どこがゆるっとじゃーい!!という総ツッコミが目に浮かびますね。

 

それから、もう一つ。

我が家はとにかく欲しがるだけおもちゃや絵本を買い与えているんですが、やはり後ろめたさもあり、これでいいのかという迷いもあり。

しかし、佐藤さんは意外なことに、おもちゃを推奨していました。

 

子育てはタイミングと旬を逃さない。遊びは後付けできない。好奇心にも旬がある。おもちゃを欲しがり、おもちゃで遊ぶことは短期間。ちゃんとその経験をしてもらい、楽しい子供時代を過ごさせたい。せっかく遊びたいとワクワクしているのだから、その好奇心をできるだけ叶えてあげる。

 

最後に。

「きちんとした土台があってこそ、子供が努力し続けられる。」

あらためて育児を考えることになりました。

子供が3歳のうちにこの本に出会えて良かったと思います。

 

 

高齢ワーママ40歳、夫婦を考える時がきた

前回投稿したブログでかなり弱っていた私ですが、1ヶ月かけてやっと浮上してきました。

この1ヶ月間、いろいろありました。

夫が壊れ、本気の離婚騒動、そして私も人生をここで終了させようかなと思えたり。

二度と思い出したくないけど、絶対忘れちゃいけないとも思う。

朝まで泣いていた夫の顔は、12年間一緒にいて、初めて見た人で。

私はこの人を守らなきゃいけないって固く心に決めて結婚したはずだったのに、この5年間で忘れてしまっていたこと。

あらためて確認することができた、私にとって節目の時を過ごしました。

雨降って地固まる。

そんな風になれば良いなと思います。

 

人生を半分生きました。

残り半分は、これまでインプットしてきたものをアウトプットする人生に。

そして、夫婦についてを真摯に考えて、家族のカタチをデザインしていきたいと思います。

そんな決意のはなしでした。

おしまい。

 

こんな本を買いました。

f:id:kiwi2018:20180609071339j:image

 

  

 

kindleで買ったものや、中古で買ったもの。

みんな好きで一緒になった 著者の小南奈美子さん、もっと早く出会いたかったと思いました。

母は弱っている

おはようございます。

私は今かなり弱っています。

朝も起きたくないし、出社したくない。

独学を始めた韓国語の勉強は、滞っている。

部下からも上司からも、冷ややかな視線を感じ、

それを背中に受けながら、そそくさと先に退社しなければならない。

子供にもらった風邪が長引いているし、夫の帰りは毎日遅い。

足元にまとわりつく子供にイライラしながら、夕飯を作り、食器を片付ける毎日に疲れた。

高齢での二人目妊活は全くもってうまくいかず、5回目の人工授精もあっけなく終了した。

いや、今万が一妊娠できたとしても、育てる自信がないから、結局これで良いのだ。

そして一番辛いのは、3歳3ヶ月の息子に遅れてやって来たイヤイヤ期。

朝から晩まで怒って泣いている子供を、スマホで動画撮影をすることで平静を保つ。

それしか方法が分からない。

 

ああ。何もしたくない。

久々にパソコンを起動して、今の状態を記録しておくことにする。

今日も憂鬱な一日が始まってしまった。

下にあるしまじろうの記事が、誰か知らない人のものに思える。

3歳、しまじろうの謎解きイベントに行って来た

しまじろうが大好きな3歳息子、東京ドームシティの「しまじろうとまほうのゆうえんち」に行って来ました。

3月から開催されているイベントで、期間終了は5月6日まで。ギリギリに滑り込みました。私自身、謎解きやリアル脱出ゲームなどの経験が全くなかったのですが、そういった類のものが好きな親御さんは、もっと楽しめるのかしら〜と思いながら参加しました。

受付で渡される魔法の帽子とマントを装着したキッズたち。後ろからみるとどれが我が子なのか分からなくなるので、注意です。

f:id:kiwi2018:20180501061815j:plain

ドーム内のいくつかのポイントを移動して謎解きをしていくのですが、ここは遊園地内なので、誘惑がありすぎて、途中で何度か足止めを食らいました。

f:id:kiwi2018:20180501061821j:image

水遊びスペースやゲームセンターを通過しないとならないので、いかに子供の気をそらして先に進むかが親としては最大のミッションです。。

 

ネタバレですが、最後のポイントへ行き・・・

f:id:kiwi2018:20180501044524j:image

f:id:kiwi2018:20180501061818j:image

こんなエンディングを迎えて、「まほうマスターになったよ!」ということみたいです。
f:id:kiwi2018:20180501044549j:image

いろんな誘惑があったことと、ポイントごとに待ち時間が発生していたので、全行程は2時間ちょっとかかりましたが、何も障害がなければ、1時間かからずに終了したのではないかと思います。

3歳息子には謎解きは難しすぎるのかなと思いながら参加してみましたが、むしろ易しすぎるくらいで、でも結構歩き回らないとならないし、2歳では体力的に大変、4歳では幼稚な内容なのではないかと感じました。

ちなみに息子が一番テンションが上がっていたのは、しりとりをしながら絵をたどっていくというミッションでした。しかしこれもひらがなが読めないとあまり楽しめませんしね・・・

謎解きの内容がもう少し難しいといいのに、、というのが率直な感想でした。

プラレール博 in TOKYO 2018 2日目に行ってきた

トミカプラレールに目がない息子3歳を連れて、プラレール博東京に行ってきました。

今回の会場である池袋サンシャインは割と自宅から近いので、毎回ここでやればいいのに〜横浜遠すぎるし〜なんて思っていたのですが、実際行ってみると区切られた展示ホールの移動を何度もせねばならず、移動がなかなか煩わしかったです。遠くてもパシフィコ横浜のような大きな場所がいいんだなと実感しました。

サンシャインには割と精通しているので、レストランの場所や混み具合など大体把握しており、我が家の作戦的には、サンシャイン11時着、レストランが混まないうちの早めランチ、12時プラレール博入場、というプランでしたが、着いてみると入場に100分待ちとアナウンスされ、炎天下の中の長蛇の列でした。(実際には65分で入場できました。)お昼時なので、ベビーカーで寝ている赤ちゃんもたくさんいました。3歳になってからベビーカーを新調したというブログを書きましたが、また今回もお出かけにベビーカーを持参して良かったと心底思いました。

チケットですが、前日にセブンチケットの親子チケット1枚と大人1枚をコンビニで買っていたので、当日券よりも400円安くすみました。

13時半頃やっと入場し、プレイチケット売り場は並ぶこともなく買えますが、その時点で一番待ち時間があったのはプラレール釣りの50分でした。パシフィコの時は全体的にもっと並んでいる気がしますよね。入場するのに並ぶか、場内のアトラクションで並ぶか、といった感じでしょうか。

f:id:kiwi2018:20180429064910j:image

普段お昼寝をしている息子の機嫌が悪化してきたので、いったん屋外に避難して休憩しました。その後、余ったプレイチケットの消化と、お土産を買おうと、15時半頃戻りましたが、おもちゃ売り場は大混雑で、歩くのも困難でした。

 

一番混雑している日に行ってしまったという反省と、みんな考えていることは一緒ということを学習した一日でしたが、わたし的には家族の写真を撮ってプラレールの先頭に乗せてくれる組み立て工場が無事に出来たので、それだけで満足です。

f:id:kiwi2018:20180429065329j:image

 

〜プレイチケットで遊んだアトラクション〜

プラレールつり5枚

プラレール組み立て工場8枚

車庫入れ6枚

あまったチケット3枚…

入場待ちの厳しい思い出プライスレス…泣

 

 

 

プラレール博に行くと、こういったレイアウトガイドが欲しくなりますね。

高齢出産で良かったのかどうか

引っ越し前の子連れ旅行ブログをリライトしようと思って自分の過去記事を眺めていたら、いまの私の心に引っかかる記事があったので、今日はその話し。去年の9月の記事です。

-----------------------------------------

週末、コンサートを観にドームに行ってきました。

夜ごはんからお風呂から寝かしつけまで全部パパにお願いしてきました。ありがたい。。 

{9AF781E8-C904-402A-9A58-8F186A1D92A8}
初めて韓流のコンサートにいったのですが、友達のファン仲間がみんなもう子供が中学生とか高校生とかで。
わたしは36歳で結婚・妊娠したんですが、これまでの人生を振り返ると特に30歳から、お金も時間も使い放題、好きなことし放題、誰にも咎められずに好きなだけ好きなことをできるとてもとても幸せな時間でした。アジアのリゾート地でスキューバダイビングをし、ニューヨークでミュージカルや演劇をたくさん観て、フラを勉強しにハワイにも何度か行き、ヒップホップダンスやジャズピアノ、なんでも好きなだけ大人の習いごとをしていました。毎日18時半には仕事を終え、習いごとがない日は毎日のようにライブハウスに通って、酒を飲みながらライブ鑑賞するのが至福の時でした。
30歳を過ぎてもういい大人なのに、結婚願望も子供願望もなく、今が一番楽しいよ〜!なんて思っていました。
若くして出産するママさんって、このなんでも使える一番幸せな時期に、育児に縛られるんだよな、自分の時間がここでいきなりシャットダウンされるんだよな...もしもう一度どちらかを選べるとしても、このライフプランにするだろうなぁ、、とか思ってたんですね。
でも、今回SHINeeのコンサートに行ってみて、考えがすこし変わりました。
早く子育てをひと段落させて、子供が大きくなってからでも、思う存分自分の時間ができるんだなぁぁ、、、と。
高齢出産にすこしだけ後悔した日でした。

-----------------------------------------

半年前は、こんなことを思っていたんですね。

37歳で子供を産んで、突然目の前に現れたこの未知の生物を何とかして生存させなければ、と毎日死に物狂いで生きていたんですが、そんな生物が1歳半を過ぎたあたりから、あれ?まわりの景色がちょっとだけ見えてる...となったんです。ほんの少しですが子育てに余裕が生まれた頃、あ、私、もう一人子供欲しいかもしれない。と。
一人目の時も36歳ですから、そう簡単には子供は出来ず、不妊治療のクリニックに通い、タイミング療法で半年間かけてやっとの思いで授かったので、二人目を考えた瞬間に、再度クリニックに飛び込みました。
 
今年40歳になるんですが、やはり上手くはいきません。これまでの人生、先のことを一切考えずに自分を優先してきたんですから、当たり前の仕打ちなんだろうなと思います。
二人目妊活歴1年半。今回で5回目の人工授精となり、今結果待ちをしているところです。二人目不妊として毎日過ごすのは精神的に辛く、町でマタニティマークを見ると思わず目をそらしてしまうくらいです。
 
もっと若い時に結婚して、子供を何人かもうけて、40過ぎて育児もひと段落していて、好きな人のコンサートを見るために海外にまで遠征とかしちゃって。こんな人生も良かったんじゃないかなぁと、ぼんやり思っては、今を受け入れなければと、ホルモン注射を打ちに連日クリニックに通う日々です。
 
ううっ、重いな。
 
 
それにしても、妊娠ってもっと簡単にできるのかと思ってたよ。卵子の老化に向き合わないとです...

父の本棚、母の本棚、こどもの本棚

我が子をどのように育てたいかという方針を夫婦間で明確にせずに3年間が過ぎてしまいましたが、人並みかそれ以上には読書量のある私達夫婦には、「子供に本をたくさん読んで欲しい」という思いが共通しています。

 

生後まもなく、「こどものとも0.1.2」を定期購読、1歳半に「こどものとも年少版(2〜4歳向け)」に切り替え、2歳になると同時に追加で「こどものくにチューリップ版(3〜4歳向け)」を購読し始めました。

つまり、1歳半で2〜4歳向けを、2歳で3〜4歳向けを読ませていたんですが、特に先取り教育なんていう意識はなく、単純に息子が気に入って何度も読んでとせがむものがこの内容レベルだと思い、少し上の年齢の本を選んでいました。

しかし3歳近くになると、「こどものとも年少版(2〜4歳向け)」では息子にとって赤ちゃんぽすぎるなぁというものが増えてきました。だって2歳から読める内容のものですから、そりゃそうだと思った。

「こどものくにチューリップ版(3〜4歳向け)」は、なんだか絵本の内容が息子に合っていない気がしていて…という建前ですが、本音はわたしが気に入らない絵本(個人的な趣味の問題です)が立て続けに届いたということがあって、3歳直前にどちらもいったん購読解除してみました。そして、かわりにその分、本屋さんで好きな絵本を自身で選ばせるようにしました。本屋で平積みされている絵本はたいてい子供ウケがよく、本人にとってはハズレがほぼないですね。しかし親にとってアタリかと言われると即答できず...です。

そんな私の確実な絵本の選定方法は、福音館書店とクレヨンハウスの月刊購読の宣伝チラシ頼りです。それから公文式に通い始めてから知った、公文推薦図書もチェック。すでに持っているものにバツをつけて、チェックしています。いずれは全部攻略したいなぁと思っています。

それから、保育園で進級した日にもらった福音館書店の定期購読のチラシを見て、「こどものともセレクション4歳〜6歳年長年中向き」を申し込んでみました。どれもよく見かける有名な絵本ですよね。買え揃えたていきたいと思っていたものが一気に手に入るのでこちらを選んでみました。ソフトカバーなので安いのですが、本というものは中身が重要であって、ハードカバーの必要もないかなと個人的には思っていることと、どんどん増えて行く絵本の収納に少し困っていたので、あえてのソフトカバー。

f:id:kiwi2018:20180421084044j:image

 

3歳男の子の本棚の一部です。旬のものを手前においてあります。随時入れ替えています。息子の好きな本、面白いです。ちょっと変わった子なのかなと感じてるのですが、深海生物や危険生物、地獄や鬼関連の本が好きなんですよね。笑

f:id:kiwi2018:20180421070821j:image

 

これはお父さんの本棚。私はその昔、夫と付き合い始めの頃に夫の本棚を見て、この人と一緒になっても間違いはないかな、と思いました。

f:id:kiwi2018:20180421070830j:image

そしてこれがわたしの本棚。自己啓発や育児書、実用書ばかり…夫の本棚に比べると本当にアホっぽくてかなり恥ずかしいですね笑

f:id:kiwi2018:20180421085935j:image

 

将来の学力は10歳までの読書量で決まるそうですが、学力に繋がらなくても、本好きにさせたいですね。